Graffiti: Block Paysの特徴

Graffiti: Block Paysの特徴

Graffiti: Block Paysはフガソ(Fugaso)開発のビデオスロットゲームです。6リール、5行のスロットはペイラインがない代わりにブロックペイズ(Block Pays)という特殊な方法で配当を支払います。これは9つ以上同じシンボルがブロック(シンボルのうちどれも縦もしくは横に隣接しあっている状態)でリールが止まった時に配当を支払うというもので、他のスロットにはない非常にユニークな特徴です。

Graffiti: Block PaysのシンボルはタイトルのGraffiti(壁などに描くスプレーアート)と関連しているものが多くなっています。高配当シンボルにはトラ、ブルドック、コブラのペイントの3種類が、低配当シンボルにはスプレー缶、ガスマスク、スケートボード、キャップの4種類があります。全てのシンボルは9つ以上、最大30個のブロックで配当が決められています。加えて3つ以上出すことでフリースピンボーナスを与えるフリースピンシンボルや、獲得可能な最も高い配当を出す隣接するシンボルに変化することのできるサブスティチューションシンボル(Substitution symbol)もゲームの深みを増してくれます。

ブロックペイズを揃えるためには9つ以上同じシンボルを隣接した状態で出さなければならないため、難易度が高く思えます。しかしこのゲームで魅力的な点は同じシンボルが出やすくしてくれるボーナスが充実している点です。例えばClammy Win Re-spinsというボーナスではブロックペイズができた時に一定確率でそれ以外のシンボルのみをリスピンしてくれます。また通常のシンボルもスタックドシンボルという形で固まって出てくることもあります。

さらにフリースピンボーナスでは低配当シンボルがランダムで取り除かれ他のシンボルに代替されるという機能もついています。これにより高配当シンボルでのブロックペイズやサブスティチューションシンボルを使ってのブロックペイズが作りやすくなるためお得です。

たろ爺によるGraffiti: Block Paysの評価

Graffiti: Block Paysはデザインやグラフィックのクオリティーがあまり高くなく、その観点では魅力的ではないもかもしれません。またGraffitiという非常にニッチなテーマのスロットはユニークですが、多くのプレイヤーに人気のでるようなテーマではないでしょう。

それでもGraffiti: Block Paysが魅力的なゲームとして注目される理由はその非常にユニークなゲーム性と充実したボーナスでしょう。通常のペイラインという概念がないスロットは一度試してみると新鮮で面白いと感じる人は多いかもしれません。

ペイアウト率は91.35パーセントでジャックポットを加味すると4.5パーセントが加算されます。気になる方はぜひフリープレーなどでゲームを体験してみてはいかがでしょうか。