1. ホーム »
  2. 斗南藩士上陸の地

画像_写真001画像_写真001

斗南藩士上陸の地

明治3年、新潟から海路をたどって藩士達が上陸した地のひとつが大湊大平浦(現、大湊新町)です。石碑は、会津鶴ヶ城の石垣に使用されている慶山石を用い、会津若松市を望む方角に設置されています。碑文の揮ごうは会津松平家第13代当主松平保定氏によるものです。