1. ホーム »
  2. 徳玄寺

画像_写真001画像_写真001

徳玄寺

 表高二十三万石を誇り、奥羽第二の雄藩であった会津藩は全国諸藩の中で最も勤皇の志が厚かったにもかかわらず、明治維新の際に朝敵の汚名を着せられ全国唯一の移封処分を受けて、ここ斗南の地へ挙藩流罪となったのでした。

 

 ここ徳玄寺は藩主松平容大公の食事や遊びの際に使用された場所です。

 当時の容大公は数え年三歳ではありましたが、移住藩士達を激励するために各地を回村するなど、新天地開発に励む人々の大きな心の支えとなったのでした。

 またここは重臣の会議場でもあり、様々な施策についての論議が重ねられた処で斗南ヶ丘市街建設設計画図面などが保存されています。

 東北の長崎を目指した大湊の開港や種々の産業開発など卓越した構想と意欲は廃藩置県後も斗南の地にとどまった人に強き新生青森のあらゆる方面において会津魂は大きな功績を残したのでした。

(写真:左)
斗南ヶ丘市街建設設計画図面