1. ホーム »
  2. 東通村:寒立馬

画像_写真001画像_写真001

東通村:寒立馬

厳寒の岬に立ち尽くす

その名が示すとおり、雪の吹きすさぶ中、寒さや風雪にじっと耐える姿が印象的な寒立馬。南部馬を祖先に持ち、改良を重ねた田名部馬をブルトン種などと交配し、尻屋地区独自の農用馬にしていたもので、粗食や寒さに強いのが特徴。一時は9頭まで減り絶滅が心配されたのを、有志の手によって保護が行われ、現在では30頭ほどまでに回復した。普段は、ゲートで仕切られた尻屋崎の敷地内に放牧されていて、その様子は自由に見学できる。春に敷地内のあちこちを移動し、母馬のそばを飛び跳ねる愛くるしい仔馬の姿が見られるが、冬期間はアタカと呼ばれる場所で、冬を越す。その姿はいつ見ても心が揺さぶられる。平成14年11月18日青森県天然記念物指定。

尻屋崎開放時間

■4月1日~4月30日 8:00~15:45

■5月1日~11月30日 7:00~16:45

※12月~3月はゲートを閉鎖し、「アタカ」で放牧します。

アクセス

■バス(5月~10月)

むつバスターミナルから下北交通バスで約50分。バス停「尻屋崎」下車。

下北交通 電話:0175-22-3221

■車

むつ市街地から車で約36分[県道6号]

マップはこちらをご覧ください

お願い

ペット(犬等)は車内から出すと危険です。また、寒立馬は人に慣れていますが、近寄る際には十分に注意してください。

問合せ

東通村役場つくり育てる農林水産課

電話:0175-27-2111